次アポってなに?

住宅営業には『次アポ』が重要!
と、言われます。

住宅は高額商品なので、一回の商談で即決しない。
だから双六のコマを進めるように次の段階への
約束をとりなさい。

次のアポイント(約束)を確実にすることで
他社への浮気を防ぐ作戦です。

次アポの代表的なものに
・資金セミナーへの誘導
・次回見学会の案内
・感謝イベントへの招待
・基本プランの作成
・敷地調査・・・などがあります。

しかし、今回お伺いした会員工務店は違いました!

『次アポ』はどうしていますか?
と聞くと
『次アポってなんですか?』
との返事が返ってきました。

社長曰く
『この家をゆっくり見てもらって、フィーリングが合えば
質問に応えて・・・・』
『それだけです。』

『フィーリングの合わない人にクドクド説明するのは
お互い時間のムダじゃないですか』

そりゃそうだ。
第一、ローコスト住宅の予算しかない人を追いかけても
徒労に終わるケースや無理して受注してもクレームに
なる場合も多いワケですよね。

有名な鹿児島の「シンケン」社長迫さんは言ってます。
『集客すれども追客せず』

自社のコアをしっかり持って
コアに合わない人は顧客じゃない!

自社のコアは定まっていますか?

ニルバホームでは『コア』発見、策定。言語化の
研修を近々予定しています。