住まいの相談窓口

住宅ローン金利の選び方

住宅ローン金利にはどんなものがありますか?何を選べばいいの?

回答者 伊藤木材建設(埼玉県日高市) 伊藤さん

金利の種類

金利は大きく分けて3種類あります。

1、固定金利

2、変動金利

3、固定と変動を合わせた金利

固定金利とは

借入期間、金利は変わりません。

例)1%の場合

35年の借入期間ずっと1%のまま

変動金利とは

その名の通り、変動する金利です。

年2回再検討します。

例)金利UP→1.25% 金利DOWN→0.85%

固定と変動の組み合わせ

例)5年固定→6年目以降変動金利

10年固定→11年目以降変動金利

どの金利がいいの?

今は、歴史に残る低金利時代と言われていますので、もしかして固定金利もいいかもしれませんね。

固定金利は借入期間、返済額が変わりませんので、将来設計がしやすいと思われます。

金利は固定金利より、変動金利の方が低く設定されています。

世界情勢、インフレなど、世の中の動きによって金利が上がったり下がったりするからです。

変動金利が向いている方は自己資金が豊富な方、世帯収入の多い方など、繰り上げ返済ができる方が変動金利に向いていると思われます。

変動金利はリスクが常につきまといますので、期間短縮できる方が選ぶと良いかと思います。

銀行さんいわく、今は8割9割の方が変動金利を選ばれているようです。

しかしお客様によって事情が違いますので、一概にどちらがいいとは言えません。

私たちはお客様の状況によってどちらが良いか一緒に検討し、金利が一番安い銀行をご紹介できます。

住宅ローン金利の選び方

-住まいの相談窓口

Copyright© 住まいの相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.