住まいの相談窓口

リビング階段と玄関ホール階段

【質問】リビング階段と玄関ホール階段、どっちがどうなの?

回答者 伊藤木材建設 樹の家工房(埼玉県日高市) 伊藤さん

リビング階段とは

リビング内に階段が設置された間取りのことを言います。

リビングを通らないと二階に上れないため、二階に寝室や子供部屋がある場合、自然と顔を合わせる機会が多くなることでコミュニケーションが取りやすくなります。

リビング階段

特徴

吹き抜けとリビング階段はとても相性が良いです。

よく見るオシャレなお家の内観は、吹き抜けがある写真が多かったりしますよね。

この吹き抜けを上手に取り入れることで、一階に陽が入りにくい立地条件でも、太陽光を取り入れ日射取得をすることができます。

最近、「パッシブデザイン」※という言葉をよく耳にすると思いますが、この設計手法では良く使われたりします。

数十年前のリビング階段は寒いことも多かったようですが、最近の家であれば、断熱性能や機密性能が非常に優れていますので、熱の流出は最小限に抑えられます。

また、階段の前にロールスクリーンやカーテン、あるいは引き戸などを設置する工夫をすることで、より断熱性を高めることもできます。

※パッシブデザインとは

断冷房設備や装置などに依存せず、適切な断熱や日射調整、通風、蓄熱など、建物そのものの工夫によって、室内環境の快適性の向上を図る。

玄関ホール階段とは

家に入ってすぐに階段のある間取りのことを言います。

玄関ホール階段

このタイプはリビングを通らず、直接二階に上れるので、家族のプライバシー性を保つことができます。

例えばお子様のお友達が遊びに来た時に、顔を合わせる心配が無いです。

部屋と階段が分かれているので、冷暖房効率は良いです。

そのほかには、料理の匂いが二階に上りづらいというメリットもあります。

家族と顔を合わせる回数が減ります。

それに、どんな友達が遊びに来ているか分からないので、心配ということもあります。

それらに関しては、こんな対策があります。

例えば、二階の子供部屋を4.5帖とコンパクトにすることにより、基本、寝るだけの部屋にします。

テレビの配線もしません。そうすることで、テレビの置いてあるリビングへ流れるような仕組みです。

樹の家工房 伊藤木材建設ホームページ

吹き抜け

-住まいの相談窓口

Copyright© 住まいの相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.